profile 三木陽子 ワーク 展覧会情報

[ 白昼夢 -a day dream- ]  Solo exhibition at Azabujuban Gallery,Tokyo

日常の隙間、ふと、誰かが見ているような気配を感じ、その気配の先を手繰ってみても、
そこにあるのは、いつも見慣れた物であったり、壁があるだけだったり....。

けれどそこにはそれ以上何もないわけはなく、何かがそこに存在している。
それは自分からはみ出した無意識の領域。個ではない場所。

ココデハナイドコカ。

A gap between a consciouness. There is a moment that I feel someone's eyes on me.
Though I try to figure out what it was, I only see usual things, may be just walls.

But, look harder. There should be something exist, of course.
It is a unconscious realm which is floating out from a self.
The place beyond indivisuals.

Somewhere, not here.

左の小さい各写真をクリックすると、右側に拡大して表示されます。