profile 三木陽子 ワーク 展覧会情報

[ Kitchen ]  Solo exhibition at VOICE GALLERY psf/w, Kyoto

「食べる」ことは生きていくために必要で、身体的な餓えを満たすためだけではなく、
精神の欲望、喜びや快楽を伴う生に対してポジティブな行為。
その反面、「食べる」行為は残酷であったり、また、現代社会では様々なネガティブな問題も抱えている。

生と死が一体で、エネルギーが変換される場− 

私がテーマにしてきた「無意識と意識/陰陽の世界」の制作の流れから、自然にイメージが湧きました。

"Eating" is necessary for living. It is a possitive behavior to be living not only to satisfy a hunger for a body,
but also to fulfill the mental desire joy and pleasure.
On the other hand, the act of "Eating" could be a cruel behavior or connect to various negative problems in our modern society.

Here is the place where the energy has been transforming with the existence of life and death.

The image of this exhibition has came out naturally through the process of working on my theme,
"unconsciousness-consciousness /Ying-Yaug" the world of.

左の小さい各写真をクリックすると、右側に拡大して表示されます。