profile 三木陽子 ワーク 展覧会情報

[ TUBE LIFE ] − Kyoto Art Center 2004 "How would you make the world better?" −

電車の中から外の風景を見ている時、ただ歩いている時、生活の中にはさまざまな管がある事に気付き、
また管は、人間の体内にもあるものだと考え、それを自分の表現に取り入れることが出来るのではないかと思いました。

陶で作品を作る時、内部を空洞にしなければならない為、そのイメージは自然に作品と結びつきました。
そこで、私は配管や排水口を非日常への入り口として設定し、現実に存在しているにもかかわらず、
見えない世界がある事に対する好奇心と恐怖感を伴いながら、自分なりの小さな陰陽の世界をつくってみようと考えました。

私は実体である物をつくり、それを使って場をつくることにより、
逆にこの場にはないものを喚起させる装置を表現していきたいと思っています。

When I was watching the passing landscape from the train, and was walking on the street, 
I noticed that there were many tubes in our life and in our bodies, too.
And I thought I could introduce this idea into my work.

I could easily connect this idea with my work because ceramics need to be curved inside as it burns. 
So I set up pipes and drains as the portal for an extraordinary world, and try to create my own small world of Ying-Yang,
which inspires your curiosity and fear for the world which we can't recognize but actually exist.

I hope that my work, which models a real materials,
will create the fields and it will be functioning as a device to inspire someone to evoke something which is NOT exist right here.

左の小さい各写真をクリックすると、右側に拡大して表示されます。