三木 陽子(みき ようこ)/京都在住の現代美術家 日常生活の中に潜む見えない世界の存在に対し作家自身が抱く感情を掘り下げ「闇や境界」をテーマとし、表現活動を行う。実体である物をつくり、それを使って場をつくることにより、逆にこの場にはないものを喚起させる空間を陶によるインスタレーションで表現。